FC2ブログ

いよいよ手術【前編】

こんばんは、たぬきです。

間があいてしまいましたが、入院編の続きです。

今回はいよいよ手術ですが、ちょっと長くなりますので、前編と後編にわけて書きます。

今回は局所麻酔をかけて、手術に入るまでの流れになります。
ただ、多少記憶があやふやなところもありますので、その点はご了承下さいm(_ _)m

手術の順番が来て、超至近距離の手術室まで、看護師さんと一緒に、点滴を押しながら歩いて行きました。

手術室に入ると、本人確認の為にフルネームで名前を言わされます(苦笑)←右手に、名前を書いてあるリストバンドをつけていますけどね(^^;)

その後、手術用の帽子を頭に被せていただき、手術室のサンダルに履き替えて、手術室の中へ。

中には、麻酔担当の先生や明らかに見学ってわかる方、看護師さん等数名のスタッフがスタンバイしていました。

因みに麻酔担当の先生は、外来でも行きあっていたので、すぐにわかりました(笑)

手術台(かなり狭い…)に仰向けになると、鼻には酸素、右腕には血圧計(5分毎に自動測定)、右手の指先には酸素濃度を測るセンサー?みたいなモノ、右脇腹にはなんだかよくわからないテープ、胸には心電図用の端子?を幾つかペタペタって言う、ありとあらゆるモノがついて、身動きが取れない状態…。

局所麻酔の手術でも、ここまでするんだなぁ~って、内心ちょっとびっくりしました。

左手の消毒が始まると、かなり広範囲(肘近くまで)を消毒しているみたいな感覚があり、ちょっと気持ち悪かったです(TOT)

その後、完全に左手は手術用の布で隠され(多分このタイミングだったと思います…)麻酔担当の先生が「こことここに麻酔をしますね~」って左腕に麻酔の注射を2本プスリ!!

その後は麻酔の効き具合を確かめる為に、左腕に刺激を与えているわけですが…
針を思いっきり刺しているのか!?って思うほどの痛みでした。

多少の痛みは我慢する私が、痛い!!の連呼をする程でした(TOT)

因みに刺激を与えていたモノの正体は、ピンセットでした(苦笑)←先生が実際に見せてくれました。

しばらくしたら、刺激に対する感覚が鈍くなり、触っている感じがわかる位になってきてヤレヤレってなってきた頃に、執刀医である主治医が登場。

あまりにピッタリなタイミングに、ちょっとびっくりしました(^^;)

麻酔担当の先生に麻酔が済んでいるのかを確認し、私にこれから手術に入る事を告げた主治医の先生。

しかし消毒の範囲が足りなかったらしく、また消毒をされた私の左腕…。

無事に消毒が済み、いざオペ開始になるのであります。

今回はここまで!!

続きますよ~( ^^)/

↓応援宜しくです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たぬき

Author:たぬき
たぬきのブログへようこそ♪

マイペースな日常などをゆる~く更新しています。

お気に入り

↑管理人、愛読中♪
たぬきのお勧め
お勧めサイト集
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター