fc2ブログ

その後のご報告

こんばんは、たぬきです。

間があきましたが、近況報告(旦那関連)をしようと思います。

旦那は徐々に回復してきていましたが、先生の治療方針の関係で、急性期であった先週までは、面会が出来ませんでした(-ω-;)

しかし、今週に入ってからすぐに(日曜日です)、面会がOKになりました(^^)

面会がOKになる目安として、食事をとる広いお部屋があるそうですが、そこで1日過ごせる事が条件になります(←回復期に入った事を意味します)

旦那は今は、そのお部屋で1日過ごせるようになり、表情も無表情から明るくなり始めました。

日曜日に会った時は、まだ目に力がなくてボーッとしている感じ(やや無表情よりな感じ?)でしたが、昨日は目に力が出てきて、本来の旦那の表情に近づいてきました。

私が聞いていないのに、旦那自ら「早くパンが作りてぇ~!!」って力強い言葉が出たので、正直言って嬉しかったです(^^)

主治医の先生ともお話をしましたが、確実に良い方向に向かっていますよ(´▽`)との事。

ただ、焦らずにいきましょうとも仰っていました(^^;)←一番焦っているのは、実は私かもしれませんね…。

他にも話し合いをしまして、面会が可能なのは私だけに決まりました。

他の人はせっかくお見舞いに来ても、面会NGになります。

これは、旦那の症状悪化を防止する為です。

旦那は、他人に変に気を遣うところがありまして、それが負担と言うか?症状の悪化につながる可能性があるためなんです。

この回復期が一番長い期間(目安は40日位)をとるのですが、個人差もありますし、回復力のある旦那なら乗りこえてくれるでしょう。

社会復帰期(目安は30日位)に入れば退院も見えてきますから、もうしばらくの辛抱ですね。

一番辛いのは旦那ですから、私がへこたれている暇はありません。

私自身も違う意味で大変ですが、旦那を支えられるのは私だけなので、可能な限りの旦那のサポートを頑張ります。

旦那が元気になっていく姿を見るのが、今の私の支えになっていますけどね(苦笑)

あまり悲観的にならずに、適度にガス抜きをしながら進んでいこうと思っている、たぬきでした。


↓応援宜しくです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

心身共にかなり疲れています

おはようございます&お久しぶりです、たぬきですm(_ _)m

お得意の放置プレイを、またやらかしてしまいました(^^;)←まるで反省していないな…。

ここから先は、めちゃくちゃ長文になりますので、お時間のある時にでも読んでくれれば幸いです。

しかも重~い内容なので、メンタル面に不安がある方は、読むのはお控え下さいm(_ _)m

それでは本題。

前回の記事で、自営業を始めた事を書きました。

実は6月に入ってから、目に見えて売上が悪くなってしまいました(TOT)

お客様に失礼な態度をとった記憶もなく、酷い商品を提供したり、食中毒を出したわけでもありません。

考えられる事は、コロナの間接的な影響と、お店の認知不足(宣伝らしい事を殆どしていない)位でした。

当然ながら売上が良くなければ、色々と悪影響(特に資金面で)が出てきます。

フリーペーパーに掲載をお願いしたり、ご近所さんにパンを差し上げたりしてきましたが、反応は思うようには出てきませんでした。

私も旦那もかなり困っていましたが、旦那の方がダメージが大きくて、徐々に病んでいきました(特にメンタル面)

先月の下旬頃から、なかなか寝付けなくて早く目が覚めてしまう状態(その頃の旦那の睡眠時間は、2時間位と聞いています)が続き、先月の終わり頃には、強い精神的なショックを受ける出来事が旦那にありまして、それが引き金となり本格的に病んでしまいました。(私も話の内容は聞きましたし、ショックは受けました)

その出来事がキッカケで、旦那は自傷行為をするようになってしまいました(TOT)

自傷行為と言いましても、リストカットのように出血を伴う行為ではなく(それでも時々やろうとしていました)、首絞めが主でした。

ショックを受けた当日は、お店が営業中にも関わらず自傷行為をしまくっていました(お客様からは死角になる場所で)←私の記憶では、短時間で10回以上やったと思います。

この自傷行為は波がありまして、毎日ではなくて、大体1日おきにやっていた感じです。

同時に酷く絶望的になっており、死にたい発言が出るようになってきたのです。

旦那は寝ていても、急に死にたい衝動(しかも深夜に)に駆られるらしくて、頭ではいけない事とわかっているのにも関わらず、強い衝動に駆られてやってしまうようでした。

旦那の首絞め行動は、ズボン用のベルトが圧倒的に多くて(時々タオルやレジ袋や自分の手)、男性ですから力も強いので解除するのに苦労しました。

旦那の自傷行為が始まってからは、私の眠りも浅くなり、自傷行為をする物音にはすぐに反応するほど、神経が張りつめていました。←正直言って寝ているのに寝た気が全然しませんでした。

今月に入り、仕事に集中する事が出来なくなっていき、更に気分が落ちやすくなっていた旦那は、悲観的発言が多くなり、一人にしておけない(一人にすると何をするのかわからないので)状態になりました。

見かねた私は、心療内科に連れて行き(旦那の同意を得てからです)、そこで「典型的なうつ」と診断され、お薬を服用し始めました。

しかしお薬の影響で、眠くなったり気分が悪くなったり、体が動かなくなる(動きが遅くなる)が出るようになり、旦那は薬を飲むのを嫌がるようになりました。(←私が穏やかに声がけをして、何とか飲んでいました)

今週の日曜日はかなりの不調だったらしく、仕事は辛うじてしていましたが、全く集中出来なかったらしく、ミスをしたり悲観的発言に拍車がかかったり、被害妄想や決断困難が出るようになりました。

一言で言えば、自分自身を責めまくっていました(x_x)

そして、日付が変わってからの深夜の3時頃に、また首絞め(しかも長いベルト!!)をやらかしていました。

勿論すぐに解除させましたが、ベルトが長くて力もいつも以上に強かったので、私も必死でした。

その後も、何度も私からベルトを取り返そうとしましたが、頑として渡さずに(当たり前ですが)旦那の気持ちを落ち着かせる為に、寄りそう声がけを続けました。

旦那の行動は落ち着いたものの、首絞めの影響からか?体調も良くなかった旦那の発言は、かなり危険なものになっていました。

もう私の力では限界を感じ、やむを得ず地元の警察署に連絡をとり、自宅にきて貰うことにしました。

結果は警察保護となり、警察でもありのままを話しました。

その後、専門機関の方(警察からの通報で)からも時間の関係で電話でしたが、同じ事を話しました。

長くなりますので端折りますが、専門の診察(措置診察)の結果、旦那は「緊急措置入院」と言う、知事命令による強制入院になりました。

ただしこれは72時間以内と言う制約があるために、診察のやり直しが必要で、私の立ち会いも必要でした。

昨日、2名の先生によるやり直しの診察の結果、旦那は「措置入院」に切り替わりました。

これも知事命令による、強制入院になります。

強制入院は、旦那にも私にも辛い現実ですが、旦那の命を守る為には、やむを得ない事と受け止めています。

当然ながら、お店はしばらくの間休業になりました。

私の生活も一気に大変になりましたが、クヨクヨしてなんかいられません。

市役所や社会福祉協議会等に頼って、なんとか立て直さなくてはならないのです。

専門機関に相談をすれば、何かしらの方法はありますからね。

めちゃくちゃ長くなりましたが、今現在のたぬき家の現状を書いてみました。

私の気持ちの整理も兼ねていますので、お見苦しいブログ記事になってしまったことを、お詫びしますm(_ _)m

↓応援宜しくです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
プロフィール

たぬき

Author:たぬき
たぬきのブログへようこそ♪

マイペースな日常などをゆる~く更新しています。

お気に入り

↑管理人、愛読中♪
たぬきのお勧め
お勧めサイト集
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター